期待と信頼の違い

kasasora.hatenablog.com

 

期待と信頼の違い。分かるような分からないような。

 

期待は、成果に対する期待なんだと思う。だから、成果がもたらされなかった時にがっかりする。

 

信頼は、成果がもたらされるかどうかは信頼する相手によって決まることだと考えて、それを相手に預けてしまう態度なのではないか。だから、成果がもたらされるかどうかについて思いわずらわない。そして、そうやって思いわずらっていない状態を信頼と言うのであって、信頼しているときは、成果はその人にとってはすでに約束されている。

 

期待には期日がある。その日がきたら、成果が期待通りだったかどうかが明らかになる。だから、期日が近づくにつれて期待は高まる。

 

信頼には多分、期日がない。というか、期日より前の日々における心のありようが信頼なのだと思う。

 

時間tにおける成果yの大きさが期待、時間tまでの成果yを示す曲線の傾きy'が信頼、みたいな?

 

やっぱりよく分からんな。

 

期日に成果が得られなかった時、期待してた人は相手の責任を問い、信頼してた人は自分の責任を問う。そういうことなのかな。

 

相手のある動詞のうちで、相手に何かさせるものと、自分で勝手にやるものと、あるのかな。これは自他境界の話なのかな。